YURI WEB

NEWSPROFILEPHOTOCONTACTBLOG

BLOG

2015.01.08 up

可能性で死があるならみんな一緒だ

私だけが特別なんかじゃない
逃げとかではないけどそう思うだけでちょっと楽だ

手帳の白いところ、人混み、待合室、褒め言葉
私が不安になる瞬間

見たいけど知りたいけど気になるけど
何かを見て知ってそれによって左右される自分がいるので
余計なものは見ないように聞かないようになった
もっと芯がしっかりするまではこの方法しか思いつかないや

始まったばかりの2015で夢をまた1つ叶えます
とても楽しみだ
ずっと描いていた夢

夢って叶えた時点でそれはなんて呼び方になるんだろう
今の私には過去の栄光と言ってしまう
過去の栄光で終わりたくないから1つ叶えると増えるのかな

自分からの目線で見ていちゃ成長できないし何もわからず進めないんじゃないか
色んな方向から目をむけれたならもっと変われるんじゃないか
相手の立場になった時どう思うのかどう行動するのか何を思うのか

例えば
なぜあの人は悲しそうに歌うんだろうか、でもそれは目に見えた勝手な自分の解釈で、本当はとても楽しく歌ってるんじゃないか
なぜあの人はあの時笑っていたんだろうか、これも目に見えた勝手な自分の解釈で、本当は辛くてたまらないんじゃないだろうか
なぜあの人は冷たいのか、でもその温度は目に見える温度で、心で触れれば本当は暖かいんじゃないだろうか

普通の人より頭が少し足りないから上手く考えれないけど
できないばっかりじゃなくて少しづつ頑張ってみるよ
変わりたいんだ

右のロックに穴をあけることにする

2015.01.06 up

OGRE YOU ASSHOLE展 supported by おととたび

じゃじゃーん、の、どどーんの告知解禁!

2014年、OTO TO TABIと言う北海道の冬FESイベントにて撮影させていただいた「OGRE YOU ASSHOLE」がきたる1月10日レコ発ツアー札幌(KRAPS HALL)公演があります!
それに合わせて、昨年東京でのみ公開されたニューアルバム”ペーパークラフト”のジャケットの原画と、私の撮影したLIVE写真で展示会が決定!OTO TO TABIの強力なサポートあって、大好きなヒルニネルで開催されます!観覧無料ですが飲食店なのでワンオーダー制になります!

YURIがOGRE YOU ASSHOLEを知ったのはOTO TO TABIででした。撮影が決まってから毎日の様に楽曲聴いてシミレーション何回もして挑んだ撮影だったのに、シミレーションなんて打っ壊すくらいのかっこ いいLIVEでもう夢中で撮ってました。YURIの渾身のOGRE YOU ASSHOLEを見てもらえる場が出来たのも嬉しいし、その会場がヒルニネルなのも嬉しいです!ヒルニネルは美味しくて楽しくてあったかい場所なので写真 見ながらでもおしゃべりしながらでも飲んで食べてヒルニネルタイム楽しんでいただけるキッカケになれるのが嬉しい!BGMも最高なので新たにいい音楽に出 逢えるかもよ!そして是非OGRE YOU ASSHOLEのLIVEに足を運んでいただくキッカケになりたいです!そしてそしてこの様な企画を提案していただいたOTO TO TABI!実行委員の方にはいつもパワーをもらってます!2015年も3月7日に開催されるので、これをキッカケにOTO TO TABI 2015へも足を運んでいただきたいです!冬にFESやろーって北海道って感じで最高でしょ?☃夏だけがFESじゃないぜ!今年のアーティストラインナッ プも濃厚になってますよ!

それではOGRE YOU ASSHOLEのLIVE(KRAPS HALL)と写真展(ヒルニネル)、OTO TO TABI是非是非よろしくお願いします!

■写真展
OGRE YOU ASSHOLE展 supported by おととたび
期間:1/9(金)〜17(土)
会場:hilninel(ヒルニネル)
札幌市中央区南3条西7丁目 たぬきスクエア
火-土:13:00-1:00(平日16:00-17:30に中休みあり。土曜は通し営業)
日曜:13:00-18:00
月曜:定休日
※飲食店での開催のため、要ワンオーダー制となります。

■LIVE
OGRE YOU ASSHOLE
ニューアルバム・リリースツアー”ペーパークラフト”
1/10(土)at 札幌KRAPS HALL
18:30開場 19:00開演
前売り¥3,600(ドリンク代別途)
HP http://www.ogreyouasshole.com/

■OTO TO TABI
http://otototabi.com/

2015.01.02 up

大いに笑ってくれよ

大いに笑え
大いに笑え
大いに笑われた方が叶えた時私が大いに笑える

こないだまでずっと聴いてた歌を聴かなくなった

飽きたわけじゃなくてね
今でももちろん好きだし
でも前ほど今共感しなくなった
いつも勝手に解釈して自分の日常に勝手に当てはめたりして

逆に前はなんでそんなこと言うんだろうとか
どうゆう意味かわからいのが
自分の中で当てはまる瞬間が出てくると
勝手に同じような気持ちになって解釈して何回も聴くようになって

いつだって自分勝手に無責任な解釈してる

最近よく聞く歌の歌詞で
「頑張りすぎなきゃ誰もかまってくれない」ってのがあって
聴いた時はそうだよなって思ったけど
そう思っちゃいけないよなとも思う
でもそうだよなっていじけのような
だから頑張らなきゃとか

かまってほしいから頑張るんじゃなくて
でもどっかではかまってほしいんだろうな

この前夜仕事やってて休憩で誰もいない公園で
もらった缶コーヒーを飲みながらタバコを吸って
煙を空に吐いた時にぴかぴかな星が見えた
東京も星は綺麗に見えるんだなって思った

その後たまたまこの日この時生きていたこの歌に出逢いました

ただ涙が止まらなかった
足りないとろこが多いから涙が止まらないのかな
止まらないってよりは溢れた
たぶん同じ意味なんだろうけど
ここが日本語のいいところだと思う
同じ意味でもいろんな言い方があって
言い方次第でいろんな解釈ができて

弱音も愚痴も言葉や文章にするとダサいで終わるけど
音と合わせるととってもよくなったりすると思うから
ミュージシャン羨ましくなる

誰かにどうとかじゃなくて全部自分の中の事ね

だからってミュージシャンになりたいにはならないんだけど
YURIもアーティストのはしくれとして
写真で表現できたらいいなと思った
それはLIVE写真とは別で

きっと見る人によっては
悲しくなったりムカついたり疑問に思ったりするであろう
YURIは今まで写真に言葉をつけないできた
見る人が自分の感じたままに解釈してくれればよかった
でも見る人に丸投げするんじゃなくて
YURIの言葉をつけることによってまた世界もひろがるんだろうなと思った
それで前回の写真展では言葉をつけた

歌にはげまされ叱られ支えられるから歌撮りたいんだ
歌を作り出す人に魅せられるから撮りたくなる
まだまだ知らない歌、アーティストたくさん
たくさん知りたい
教えて

夢がいっぱいある
1つ叶えるたびに10増える
10は言い過ぎかな…でも5はでるな
叶えるたびに増えてたら終えれないね
ノートも増えてく

失いたくなさが臆病者にさせる
いつだって正解を選んでいたい
間違ったことしたくないし言いたくない
ワンミスワンデッド
この言葉が待ったをかける

止まってたら進まないのか
でも止まって気づく瞬間もあると思う
後ろ振り返っても思い出すことは悪い事じゃないよね

正解、不正解
何が何だろうな

芯を確立すればいいんだろうな

ナナナ